近年、住宅設備の進歩により快適な生活を送れるようになりましたが、住宅設備を100%以上の力を発揮できるかどうかは、住宅そのものの性能が重要になってきます。『住まいの燃費』を把握する上で以下のことが重要になります。

 

 

 

『見える化住宅』は

 

 

Q値計算(熱損失係数)

C値計算(相当隙間面積)

   ・気密測定

計画換気計算

 

 

この3つから成り立ちます。

 

 

 

それぞれ異なった内容ですが、1つでも欠けてしまうと『寒かったり・暑すぎてしまったり』住環境に大きな影響を与えます。快適な生活空間を作るために、桐生工務店は『見える化住宅』を全てのお客様に御提案します。

Q値計算(熱損失係数)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【Q値計算】は文字の通り、住まいの熱が外にどれだけ逃げるかを表した数値になります。熱はどこから逃げていくのでしょうか??こんなところから逃げていきます。

 

□窓(サッシ)

□床

□壁

□天井

□玄関(特にコンクリートの部分)

 

このようなところから基本的に熱は逃げていきます。

 

後は、『断熱材の種類』『断熱材の厚み』『断熱材の使用箇所』を的確に決めていく必要があります。そして、正しい施工をして熱が逃げないようにしなければなりません。ちゃんと勉強をした大工さんでなければ、ここまでの工事はできません。

断熱工事を怠ると、『結露』の発生要素が増えますので注意が必要です。

 

熱量計算は、『夏季』『冬季』に分けて行いますが、断熱だけでは住まいの環境は良くなっても省エネの住まいにはなりきれません。そこで重要になってくる項目が『C値(相当隙間面積)』です。

C値計算(相当隙間面積)・気密測定

最近では、Q値(熱損失係数)を強調する住宅会社さんは増えてきてうれしいのですが、この【C値(隙間相当面積)】を強調する会社さんはまだまだ少ないです。

 

C値も文字の通り、『住まいの隙間の面積』を表した数値です。床に手をあててみたら冷たい風を感じた。。。。なんてことありませんか?家全体にこのような隙間がどれだけあるかを示した数値がC値(相当隙間面積)なります。

 

住まいのどんな所に隙間があるのでしょうか??

隙間のイメージ
隙間のイメージ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今の住宅会社はみんな『高気密化をしているから大丈夫!!』なんて思わないで下さい。気密が出来ているかどうかは、【気密測定】をしなければ分かりません。この気密測定をしている会社がどれだけあるのか?残念ながら少ないのが現状です。この気密測定には、【気密測定技能士】資格が必要となり、新潟県でこの資格を持っている会社さんはわずか53社(平成24年8月現在)です。気密測定の意識の無さがうかがえます。

 

省エネの時代になり断熱材の意識は上がっていますが、気密性能を怠るとせっかく暖めた熱は隙間から外に逃げてしまいます。断熱材だけ厚くしても意味がありません。

 

桐生工務店は気密測定技能士を抱えていますので、

【☆全棟☆気密計算&気密測定】

を約束します。

計画換気計算

【断熱】と【気密】は、片方一つが欠けても住まいの快適性は低下してしまいますが、気密と断熱が高くなればなるほど住まいの内部空気は汚れてきます。

そこで、大切になることが『計画換気』です。

 

計画換気とは・・・・

 

『住まいに新鮮な空気を送る』ことですが、一般的には【2時間で1回、家全体の空気が換わる】ことが義務付けされています。

 

換気イメージはこんな感じです。。。。。

換気イメージ①
換気イメージ①

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ほとんどの建築会社さんは【24時間換気は義務付けされた範囲で付けてあるだけ】が多いので、換気イメージ①のように「洗面脱衣室・トイレ」の排気がほとんどですが、家全体の空気の流れは考えられていないように思えます。

換気イメージ①で例えるなら、浴室は空気のたまり場になってしまい空気が動かない状態!!

 

結露の原因になります。

 

各部屋に排気口を配置して、常に新鮮な空気が住まい全体を包み込むような計画換気が重要になります。換気イメージ②をご覧ください。

換気イメージ②
換気イメージ②

換気イメージ②の様に、住まい全体の空気の流れを作るためにプラン作成時に換気計画も行います。各部屋に排気口を設けることで個別制御が出来、御家族様の変化するライフスタイル(御家族様の増減など※1)に応じて調節を行うことが出来ます。

 

【本体価格・イニシャルコスト(電気料金)・メンテナンス】を踏まえ、

 

桐生工務店では換気イメージ②を取り扱っています。

 

この計画換気も【気密】無しでは効果を発揮できません。隙間があると、計画換気をしても吸気口からは新鮮な空気が入ってこないで、隙間から入ってきます。(内部結露の原因)

 

 

気密を取ることが出来るから、正確な換気計算もできます。完成後の換気調整も無料で行っていますので、お引き渡し後の御家族様の人数の変化にも対応できます。

安心の計画換気によりお客様の健康の安全も御提案していきます。

 

※1:御家族様の人数の増減によって二酸化炭素(CO2)排出量が変わってきます。換気による電気料金ロスを少なくすることが出来ます。

有限会社 桐生工務店 

〒949-6755 新潟県南魚沼市原110番地

TEL:025-774-2243   FAX:025-774-3020

Mail:kiryu-koumtn@khaki.plala.or.jp